にきび 嫌 !にきび 治療 で、綺麗なお肌

にきび 嫌ですよねー。にきび 跡・大人のにきび・背中のにきび・気になります。にきび 治療 して綺麗なお肌を目指しましょ
トップページにきび 治療一般的なにきび治療

にきび気になりますよね。昔はにきびも20歳をすぎるとふきでもの・・・ なんていわれていましたが、最近は大人のにきびといわれ悩む人もふえています。 一度できてしまうとなかなか治らないですが、普段の肌のお手入れや予防で にきびを対策しましょう

にきび 治療

にきび治療の基本は、毛穴につまった脂を取り除くことと、アクネ桿菌に対する治療です。局所療法としては、クンメルフェルト液という硫黄の入った液を綿棒で塗ることで毛穴の脂を取りやすくします。抗菌薬含有クリームを使用することもあります。炎症を起こしていない面ぽうに対して、清潔な操作で、中の脂を押し出す処置を施すこともあります。内服療法としては、皮脂腺の脂の分泌に影響を与えるビタミンB2、B6、Cなどの内服、症状が強い場合には、アクネ桿菌に対して抗生物質(とくにテトラサイクリン系抗生物質)内服を行います。
 炎症が強く起こっている状態を放置すると瘢痕(はんこん)を残すことがあります。とくに、あとが残りやすいにきびとして、集簇性ざ瘡や嚢腫性ざ瘡がありますが、これらは治療が難しいにきびです。普通のにきびとは異なり、体質的に局所に膿をもちやすい慢性膿皮症という難治性の病気の1つとしても扱われます。(yahooヘルスケア)
にきびってできちゃうとすごく気にしてしまいますよね。自分で気にしてないつもりでもついついにきびのところを無意識にさわっていたり、知らない間につぶしてしまったりなんてこともあります。にきびは青春のシンボルといわれましたが(その昔)今は大人のにきびなんていうので悩んでいる人も多くおられます。20歳をすぎたら吹き出物。なんて言葉で片付けられていましたが最近は大人のにきびとも言われてます。それだけ大人になってもにきびを気にされている方が多くなってきたのではないでしょうか。 にきびは日頃の生活の乱れや寝不足、ストレスや食生活またホルモンのバランスなど現代人の忙しい生活の中であらゆるものが原因とされています。また一度にきびができてしまうとなかなか治らない厄介なものですよね。このブログではそれらのにきびの悩みや原因などを探っていきたいと思います。
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔