にきび 嫌 !にきび 治療 で、綺麗なお肌

にきび 嫌ですよねー。にきび 跡・大人のにきび・背中のにきび・気になります。にきび 治療 して綺麗なお肌を目指しましょ

にきび 原因

にきびのできる人には皮脂の分泌量結構気になるところです、
その人の肌質によって違ってくるんですよね。なんとなく油っぽい人っていますよね。
食事のバランスにはつねに注意をしていきましょう。
その毛穴に汚れがたまってしまったら、にきびができそうですよね?
体質に関係なく、まずは肌を清潔に保つことを意識してにきび対策ををしていきましょう。遺伝が原因の場合もあるかもしれませんが生活リズムを変えてしまったり、
ストレスを感じているとにきびがでたりすることがあるようです。
にきびにならないように清潔に保つことと早めにケアすることが大切です。

それからにきびの原因を取り除く方法を実践していけばいいと思います。
にきび対策をこれからやっていくには、にきびの原因を知ることからはじめたほうがいいでしょうね。にきび対策を考えていくために、にきびの原因を考えてみましたが、ここでひとつある疑問が出てきませんか?

この毛穴が汚れなどによってふさがれた状態になっていると、
皮脂が毛穴に詰まってしまいます。毛穴によごれがつまらないようにまずは洗顔を頑張りましょう。たまにはスクラブ洗顔というのも効果がありそうですね。
そしてストレスはにきびだけでなく、身体の不調の多くに影響してきますので、
ストレスを解消する自分に合った方法をみつけるのも大事ですね。
健康的な生活を送れるように意識して毎日を過ごしましょう。よくにきびのCMとかでもやっているよね。まず肌を清潔に保つことはにきび予防の大前提となります。
また女性はクレンジング、化粧をきちんと落とすことも大事ですね。

にきびのできる位置によってそれぞれの原因があるらしいです。
ということはこれらの原因を取り除くとニキビもできにくくなるのでしょうかね?
きれいカフェさんに載っていました
http://kirei-cafe-blog.269g.net/article/3441881.html

おでこ辺りのはえ際
・ホルモンのアンバランス
・睡眠不足
・ストレス

おでこ額
・自律神経の不安定
・ビタミンB2・B6不足
・毛髪の刺激

眉毛の上
・ホルモンのアンバランス

こめかみ・目じりの横あたり
・ホルモンのアンバランス
・ストレス

ほお骨の上
・副賢機能の低下
・生理不順・生理痛

ほお骨の下
・冷え・便秘
・肝機能の低下

鼻のまわり
・大腸の働きが弱い
・便秘・宿便・軟便

口のまわり
・食べ過ぎ (就寝前の飲食)
・ビタミンB2不足

あご
・冷え・貧血
・消化器官の弱まり

どうぞ応援お願いします
人気blogランキングへ



バレンタイン効果?でチョコレート食べ過ぎました。
調子乗って食べました。あー。おいしいからといって・・・

そしてにきびできちゃいましたね。まいった!
大人にきび!

にきびによくない食べ物にチョコレートって書いた私が・・・・

にきびによい食べ物を食べればいいかな・・・

にきびにいい食べ物と悪い食べ物

早く治れ!にきびよ。

どうぞ応援お願いします
人気blogランキングへ

にきびの原因の一つとされている紫外線は皮膚の細胞内に活性酸素を大量に発生させて皮膚に炎症を起こしたり、コラーゲンなどの皮膚のハリを担うタンパク質を傷つけたり、シミの原因となるメラニン色素の生産をうながし、肌の機能を低下させてしまいます。
その結果、ターンオーバーの周期がみだれ、角質層があつくなり紫外線が、ニキビ原因につながることもあります。

 紫外線がなぜにきびを悪化させるかということですが、紫外線によって皮脂が酸化し過酸化脂質が生じ、その過酸化脂質が毛穴を詰まらせることによって嫌気性のアクネ桿菌が繁殖しやすくなり、紫外線がにきびの原因になるということのようです。
 紫外線は曇りの日だからといって油断出来ませんし、日陰にいても完全に防げるものではありません。また紫外線は夏だけではなく、春から、紫外線の量が多くなるので夏のUV対策だけではなく、帽子をかぶるなど春からUV対策は十分にとりましょう。
 
にきびの原因とされている紫外線ですが、にきびだけではなく、お肌にも紫外線はよくないようです。紫外線によって発生する活性酸素が皮膚の細胞、またDNA自体を攻撃し、機能を低下させ、シミ、しわの原因になるんですよ。紫外線対策はにきびだけではなく、美しい肌を保つために必要なものです。面倒がらずに、特に外出時は紫外線対策に充分気を配るようにしましょう。

便秘になるとにきびができやすくなる人がいます。どうして便秘がにきびの原因になるかというと、便が長い時間、腸に溜まっている状態が続くので、腸内環境が乱れ悪玉菌が増えます。この悪玉菌がたんぱく質を分解して毒素を作り出し、その毒素が腸から吸収されて血液に取り込まれます。

これらの毒素が血液に取り込まれると、肌荒れやニキビの原因になります。
さらに便秘になると、体内の活性酸素を増やしニキビの原因となります。
では便秘とはどういう症状なのでしょう。 2.3日便通がないと便秘だと思っていませんか?実は、2〜3日に1回しかお通じがなくても、本人が苦痛でなければ便秘ではないのです。 逆に毎日お通じがあっても、お通じの後スッキリ感が無いとかどうも便がが残っている感じが有る場合は、便秘の症状です。
要は、スッキリしなければ便秘なのです。

 まだ医学的にははっきりしていないようですが、 便秘で肌荒れやにきびが出来たり、腰痛・肩こりがあらわれたりとストレスが溜まりイライラする事は、 自律神経の働きの乱れを便秘が、引き起こすのではないかといわれています。 たとえばにきびや肌荒れは、自律神経の乱れが、皮膚の血行不良を起こす一因ともいわれています。 すっきりと快調な排便で、にきびをはじめ、肌ストレスや、肩こりなども治していきましょう。

にきびができる原因。
運動不足でもにきびができやすくなるんですよ。
運動不足になると、血液循環が悪くなります。
皮膚の新陳代謝も鈍り、肌の老化も一気に加速します。
運動不足になると新陳代謝が鈍りますね。
そうすれば体に毒素がたまっていくような
気になりませんか?
新陳代謝が悪くなると肌の抵抗力も落ちて
にきびができてしまうことになります。

なかなか忙しい現代で運動をしようというのが難しいかもしれません。
でも仕事しながらとか通勤中などに歩くようにこころがけるとか。
家でストレッチを行うとか少しの時間でも体を動かすようにこころがけましょう。
ストレスの解消にもなるかもしれませんよ。

運動不足の解消でにきびなしの美肌をめざしましょう

にきびには睡眠不足は大敵です。
にきびというよりお肌に悪いですね。

人間の体は、夜眠っている間に、皮膚を含め身体全体が
昼間の疲れを回復するよう働きますが、
睡眠不足になると、昼間の疲れが取れなくなります。
疲れがたまってきたりするとなかなかその疲れがとれなくなりますよね。
そしてその上、睡眠が足りなくなり、生活のリズムが崩れると、
自律神経やホルモンのバランスが悪くなり、
お肌にも悪い影響をおよぼします。
毛穴に皮脂や角質がたまりやすくなります。
皮脂がたまってくるとにきびの菌が繁殖しやすくなりますよね。
また免疫力も落ちてくるため、ニキビ菌が猛威をふるい、
お肌ににきびができてしまうのです。

にきびの原因の一つにはストレスがあります。
どうしてストレスがにきびの原因になるかと言うと、
ストレスがあると緊張状態になるので血の巡りが悪くなります。
血流が悪くなると、血流活性効果のあるDHTという
強力な男性ホルモンを多く分泌します。
このDHTが肌荒れやニキビの原因になるのです。

また、ストレスによって食生活も、変化したりします。
ストレスが原因で食事を食べなかったり、
逆にものすごく食べるようになったり。
そして偏食になったりすると、にきびやお肌に
いい影響を与えません。
そういうものもにきびやお肌に関係してきます。
ストレスを軽減するように心がけましょう
にきびができやすい生活をしていませんか?
にきびのできるさまざまな原因は
●仕事や人間関係によるストレス 
●寝不足 
●運動不足
●便秘 
●紫外線の浴びすぎ 
●体質の変化 
●スキンケアの間違い
●免疫力が低下する

にきびの原因
にきびは、皮脂が多く分泌される部位にできやすいです。
にきびは、皮脂を分泌する毛穴が詰まるところから始まるといわれています。
人の皮膚の毛穴には、アクネ桿菌という菌が存在していて、
これが関係してホルモンバランスが崩れたりすることにより
皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まってしまいまいます。
この細菌は皮脂を好むため、詰まった毛穴の中で
「アクネ桿菌」がドンドン増殖していき、炎症を引き起こす働きをします。
これによって皮膚が、炎症・化膿してしまった状態が、
にきび(ニキビ)になります。