にきび 嫌 !にきび 治療 で、綺麗なお肌

にきび 嫌ですよねー。にきび 跡・大人のにきび・背中のにきび・気になります。にきび 治療 して綺麗なお肌を目指しましょ

にきび 種類

大人のにきび
大人にきびとは10代を過ぎ20代前半から
30代にかけて発生するものをいいます。
大人にきびは皮脂の分泌と毛穴のつまりによってできます。
ふつうにきびは思春期にできるものという考えが一般的ですが
最近では大人になってはじめて発生するというような方も増えています。

大人にきびは思春期のにきびと違って
二十歳をこえてから出来るにきびでその原因は、ストレス、偏った食事、睡眠不足などの様々な要因が考えられます。
不規則な生活などいろいろな要因が複雑に絡み合ってできるもので、
肌の新陳代謝(ターンオーバー)が悪くし、角質が厚くなってしまいます。その結果、皮脂が毛穴につまりニキビができてしまいます。
新陳代謝が衰えているためとにかく治りが遅く、跡になったりととてもやっかいです。
乾燥肌の方にもでき、あごのまわりや口元、頬、首などのUゾーンにできやすいのが
大人にきびの特徴です。



思春期のにきび
思春期ニキビは主に女性も男性も男性ホルモンの働きが活発な、
10代の思春期にできます。
皮脂が毛穴からスムーズに排出されればニキビはできないのですが、思春期は、皮脂の分泌が過剰になってしまいます。この頃は毛穴が硬く閉じていることが多く、皮脂が毛穴につまってしまい、ニキビができてしまいます。

思春期のにきびは特にオイリー肌の方にできやすく、
おでこと鼻のTゾーンの皮脂分泌が多い部分にできやすいのが思春期ニキビの特徴です。
思春期にはホルモンの働きが活発になります。この時期活発化するホルモンには発毛を促進する作用があり、それゆえ毛穴も成長します。

思春期は毛穴が発達すると毛穴についている皮脂腺も発達し、活発に皮脂分泌を行います。このため思春期には油っぽいオイリーな肌になりやすいのです。
成長ホルモンの影響で皮脂が過剰に分泌されることにより、毛穴に皮脂が詰りやすくなってそれがなって出来るにきびが思春期のにきびです。、
黄にきび(化膿にきび)は、毛包部分の炎症が悪化し、細菌が繁殖して膿を持った状態を言います。赤ニキビが進行して、ニキビ桿菌アクネ菌やフドウ球菌などか増殖して膿みがでて、炎症が進行すると毛穴周りの組織が真皮までダメージ受けてくぼみが残ったり肉がもりあがったりする状態。このようなにきびの重症を黄にきび「化膿にきび」と言います。

黄にきび(化膿にきび)は、痛くて痒く、にきび自体が治っても、色素が沈着して、肌表面のでこぼこや色素沈着によるにきび跡が残ってしまう事も多くあります。
黄にきびは、赤ニキビの炎症が強くなって、膿を持った状態です。赤にきびを通り越して黄にきびまでなってしまったら、スキンケアでは治りにくいでしょう。
皮膚科で受診することをおすすめします。黄にきびの治療は抗生物質などで治療されることが多いようです。また、やはりスキンケアをしっかりとし、食生活や不規則な生活を正して黄にきびができないようにしましょう。

黄にきびの症状をほっておき、悪化させると、肌の表面がでこぼこになり、結果、にきび跡を残してしまうことにもなりかねません。
にきび跡がケロイド状になっていたり、クレーター状態に残ってしまわないうちに、治療するようにしましょう。

赤にきび
赤ニキビは皮膚に赤い発疹がポツポツとできることを赤ニキビといいます。
赤ニキビは皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まり、
皮膚に常在する菌であるアクネ菌が増殖しアクネ桿菌が皮脂を分解する
過程で作られる遊離脂肪酸が炎症を引き起こす事でできると言われています。

つまり、赤にきびの原因となるアクネ菌が、毛穴がふさがることで活性化を促し、
増殖します。これによりアクネ桿菌が炎症を起こす物質を作り出して
毛包に炎症が起こり、赤く腫れ上がってしまいます。この状態を赤にきびと言います。
これが進むと広がった毛穴の壁が破れて炎症が大きくなって重症になってしまいます。

赤にきびは野外で紫外線にあたり、皮脂が酸化することで
外的刺激により炎症が引き起こされ赤ニキビができることもあります。
赤にきびは毛穴の中に溜まった皮脂とアクネ菌が毛穴の壁を壊すほど膨らむと、
多くの場合ニキビ跡になってしまいますので赤にきびの早めのケアが肝心です
白にきび
白にきびは古い角質が蓄積され毛穴をふさいでいる状態のことです。
毛穴がふさがり、古くなった皮脂が表皮の下にたまっていき、
面皰(コメド)と呼ばれる「にきび予備軍」が表れます。
たまった皮脂が表皮から盛り上がり白くポツポツと膨らんだ状態を「白にきび」と言います。
白ニキビとは、古い角質が蓄積され毛穴をふさいでいる状態のことです。
皮脂がスムーズに排泄されず、わずかに皮膚がもり上がり、
毛穴にできたものが白く見える状態のことを言います。
白にきびは毛穴が閉ざされている状態で全体が黄白色に見える状態を
言いこれは黒にきびよりも悪い状態です。

この白ニキビにアクネ菌が繁殖し炎症を起こすと
赤ニキビへと悪化するので、白ニキビの段階で早めのケアが大事です。





黒にきび
黒にきびは開放面皰とも言われ皮脂と角質の混合物が酸化し、
毛穴が角質層のアカなどで詰まり、毛穴が開き角栓の先端がポツポツと
黒く見える状態が黒にきびです。

黒にきびは皮脂が毛穴を押し上げ、空気中の酸素と結びつき酸化して黒ずみを起こし、
毛穴が開いてコメドの先端が黒くなった状態の事を言います。コメドとはにきびの中心にあるゴマ粒のような物の事で毛を中心にして肌の角質と参加した皮脂が固まって出来たものです。
黒ニキビとは、古い角質や皮脂などが酸化したものです。黒ニキビは、毛穴が開いていて、中の詰まっているものが外部からみえるのが特徴です。

黒にきびは無理に取るとニキビ跡になったり雑菌により化膿してしまうので、気になる時は皮膚科の先生に相談し圧出して貰いましょう。

にきびにも種類があり、症状などによって大きく分けて白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビの3種類あります。
白ニキビとは、毛穴に詰まった皮脂や汚れが白く見えている状態のことです。
黒ニキビとは、毛穴に詰まった皮脂などが酸化し黒くなって毛穴をふさいでいる状態のことで、赤ニキビとは、毛穴に詰まった皮脂などをアクネ菌が分解することでできる活性酸素などにより皮膚が炎症を起こし化膿したりした状態のことをいいます。にきびの種類は様々な症状に分類されます。

にきびの種類が異なっても、思春期で時期が過ぎれば自然に治る人達が大半です。
ですが長期間治らないでにきびに悩む方は、
生まれついての敏感肌質などが関係しています。
敏感肌質の方は、体のどの皮膚の部分でも炎症や化膿を繰り返したり、
できやすいことがあり、キチンとケアしないとクレーターやしこり、
ケロイドになってしまうこともあります。
にきびは症状によっていろいろな種類があり、
同じニキビでも種類によってケア方法が違ったり、治った後にニキビ跡になりやすかったりします。症状の段階ごとにどんな名前で呼ばれているのか解説していきます。