にきび 嫌 !にきび 治療 で、綺麗なお肌

にきび 嫌ですよねー。にきび 跡・大人のにきび・背中のにきび・気になります。にきび 治療 して綺麗なお肌を目指しましょ

皮膚科 にきび の治療・クリニックでの治療

にきび圧出は、にきびの頂点にレーザーででごく小さな穴を開け、医療機器を用いてにきびの中にある角栓(コメド)を押し出すことです。
よく、にきびはつぶしてはいけないと言われますが、レーザーには殺菌作用があり、また、にきびに空気を通す事で、空気を嫌うにきび菌の活性を抑え、にきびをいち早く治します。にきび跡/にきび痕を残さずに治すことができます。2〜3日で小さなかさぶたができることがありますが、自然に治るのに比べ格段の差で早く治ります。ご自分でつぶすのとは違い、何度も化膿を繰り返したり跡になったりしません。跡が残るとすれば、それは圧出によってではなく、長い間にきびが化膿したままにしていたことで、赤みが続いたり(炎症の継続)・しみになったり(炎症後色素沈着)・固くなったり(嚢腫の形成)するためです。
ケミカルピーリング直後の、角栓(コメド)が水分を含んで取り出しやすくなっている状態で行うと非常に効果的です。

● 熱によって毛穴内のにきび菌がダメージを受ける
● にきび菌が空気に触れると活性を失う(にきび菌は嫌気性菌、つまり空気の出入りのない状態で増える菌の一種です)
● にきびから膿やコメドが出やすくなり、早く・跡を残さず治すことができる

*ご自分でにきびを潰すと、雑菌が入り炎症を起こしたり、陥没・色素沈着などにきび跡/にきび痕の原因となりますので、お控え下さい!

レチノイン酸
レチノイン酸は、ビタミンA(レチノール)の誘導体で細胞そのものに働きかけコラーゲンの産生を促すのでお肌にハリを与え、ふっくらさせる効果があります。また、お肌表面の角質を剥離する作用もあるのでシミやニキビに効果的です。
ニキビは皮脂線からの皮脂分泌が増加し、毛孔付近の角質が厚くなって、その出口に蓋(角栓)をすることで起こります。レチノイン酸には以下の作用と治療効果があります。

レチノイン酸のニキビに対する作用
表皮の入れ替わり(ターンオーバー)を倍にスピードアップします。(2週間程度で表皮が入れ替わります)
角質を薄くし、角栓を剥がして、皮脂の排出口を作ります。
また、皮脂腺の皮脂の分泌を抑える働きや、真皮のコラーゲン生成効果があります。長期的な使用で皮膚のハリ、皮膚陥凹等の改善効果も計れます。

特徴
ニキビの一番の問題は毛穴のつまりなので、角質を剥離し、毛穴のつまりをとり、皮脂の分泌を抑制する。

レチノイン酸の皮膚に対する作用
1) 表皮角化細胞の分化・増殖促進(表皮の正常化)
・角質剥離→ニキビ、クスミ
・角質機能の正常化→シワ、潤い
・表皮有棘層の肥厚→シワ、シミ
2) 表皮ターンオーバーの促進
・メラニン排出促進→シミ
3) 真皮乳頭層の血管新生
4) 真皮線維芽細胞の機能促進
・コラーゲン、エラスチンの産生促進→シワ
・ヒアルロン酸、デルマタン硫酸の産生促進→シワ
5) 皮脂腺機能を抑制→ニキビ

ダイヤモンドピールは、名前の通り、ダイヤモンドの微粒子がついたヘッドの電動やすりで、皮膚を吸引しながらなぞっていくことで、表皮に残っている余分な古い角質層を薄く削り肌表面を物理的に磨く方法です。かすかに振動するスティックで肌をなでるだけなので、痛みはあまりありません。プレコンディショニングの必要もなく、治療後も、すぐに洗顔やメイクをすることができます。
ダイヤモンドピールは、肌をなめらかにすると同時に真皮層を刺激することによって、肌が本来持っているコラーゲンの合成を促進する効果もあります。コラーゲンの増加によって、表皮角質層のターンオーバーリズムが整い、くすみがとれ、ハリと潤いのある美しい肌を手に入れることができるのです。
ダイヤモンドピールのメリットは、場所によって磨く強さを調節できる点にあります。ニキビ跡や毛穴の目立つところは重点的にスティックを当てる、皮膚の薄い部分には当てるのを避ける…というふうに調整できるので、気になる悩みに的確に対応することができます。
薬剤等を使用しないピーリングですので、アレルギー体質、乾燥肌などの肌質にかかわらず、どなたでもお受けになることができます。表皮の角質の部分のみを削りますので、痛みや腫れなどの心配もなく、直後からメイクも可能です。
施術後は、ターンオーバーのリズムが整い、なめらかで透明感のある素肌がよみがえります。ニキビ跡や傷跡の凹凸、くすみ等に効果的な方法です。

にきび跡にきび治療に適したフォトフェイシャルは、お顔全体に有効な光をあてることで素肌が持つ本来の美しさを呼びさまし、若々しい素肌に改善していきます。また、沈着してしまったメラニンにダメージを与えると同時に、コラーゲンの合成を活性化させるので、お肌が内側から美しく変わっていくのが実感して頂けます。特殊な光を利用することによってメラニンを抑制し、コラーゲンを産生する能力を高めます。陥没や色素沈着などにきび跡に最も適した方法です。また、皮脂の分泌を抑える効果もあるので、総合的ににきびを治療します。マイルドな光による美肌治療。フォトフェイシャルで、しみ・くすみ・しわ・たるみ・毛穴開き・にきびにきび跡の赤み・赤ら顔などの肌トラブルを手軽に改善することが可能。当日お化粧をしてお帰りになれます。
にきび治療だけでなく、美容全般のために決して欠かせない成分と言えるのが、ビタミンC(アスコルビン酸)です。ビタミンCローションの肌の細胞への浸透を格段に高めることが出来ます。
コラーゲンの合成促進作用により、にきび、にきび跡を目立たなくしたり、小じわなどの回復効果があります。また、エラスチンとコラーゲンの結合を強め肌の弾力を保ちます。
この治療は、皮脂の抑制、コラーゲンの生成促進、活性酸素の除去などの効果により、毛穴の開き、にきび、にきび痕などのトラブル肌、敏感肌、しみ、しわ、くすみなどの老化肌にも大きな成果を上げています。

にきびのレーザー治療といっても、様々な機種があり、クリニックによっても様々のようです。また患部の症状によって使い分けられているようです。
主ににきびの炎症のもととなる原因菌に働きかけ、殺菌する作用を持つレーザー光線を当てる治療法です。
皮フのほかの組織にダメージを与えることはないので、内服剤のように副作用の心配はありません。また、白にきび黒にきびには、細菌の増殖を予防する効果を発揮しますし、赤にきび(炎症性のニキビ)には炎症を沈静させる効果があります。
赤く腫れたにきびには熱による殺菌作用、治癒過程の短縮、皮膚の新生を促進に効果を発揮します。短時間でにきびをすっきりさせたい方にお奨めです。また、コラーゲンの再生を促進することにより、にきび跡を防ぐ効果があります。
にきびの基本的な治療方法となっています。
ケミカルピーリングはグルコール酸やリチル酸を使用して、
毛穴が詰まる原因の角栓を除去したり、
にきびの原因であるアクネ桿菌(かんきん)の殺菌をし、表皮の新生を促進します。
(ターンオーバー期間の短縮)
さらにツルッとした感じになります。