にきび 嫌 !にきび 治療 で、綺麗なお肌

にきび 嫌ですよねー。にきび 跡・大人のにきび・背中のにきび・気になります。にきび 治療 して綺麗なお肌を目指しましょ

にきび 予防・対策

気にしていない人が多いのですが、爪には汚れやバイキンが沢山溜まっています。また、爪を伸ばしていると洗顔の時など思わぬ事で肌を傷つけてニキビを悪化させてしまう原因になります。常に指先は清潔にして、爪は短いほうがいいとおもいます


どうぞ応援お願いします
人気blogランキングへ

髪の毛を肌にふれないようにする

肌に髪の毛が触れないようにする事が大事です。ニキビを隠そうとして髪の毛を伸ばす人がいますが、髪の毛の表面には脂や汚れが沢山付いていますので、髪の毛が肌に触れているとその部分はニキビが出来やすくなります。髪の毛を肌につかないようにしてみて下さい。これだけでニキビが治る人も多いのです。

どうぞ応援お願いします
人気blogランキングへ
にきびにいい食物と悪い食物

ニキビによい食物は
ビタミンB2の多く含まれるもの
うなぎ、さば、納豆、牛乳、ほうれん草、卵、わかめ、レバー、豚肉、緑黄色野菜など
アミノ酸・脂質・炭水化物の代謝に必要なビタミンです。皮膚や粘膜の新陳代謝を促します。

ビタミンB6を含むもの
いわし、さば、まぐろ、卵、レバー、鶏肉など
皮膚の健康を保つビタミンで、皮膚の抵抗力を強めて、にきびを予防します。ビタミンB2と一緒に摂ると効果的です。

ビタミンCを多く含むもの
ブロッコリー、ピーマン、トマトなどの緑黄色野菜や、果物など
お肌といえばビタミンCですよね。皮膚の老化やメラニン色素によるシミ・そばかすを防ぎます。
ニキビ後の色素沈着予防やコラーゲンの形成に必要。

あまりとってはいけないもの
・チョコレート、コーヒー、コーラ
・香辛料の強い激辛カレー
・ナッツ類
・ポテトチップスなど油っこいもの
甘いもの、あぶらこいもの、刺激物、高カロリーの食べ物を多く摂るとニキビが出来やすくなります。特に油っこい食事は皮脂の分泌を過剰にします。
何にしても食べすぎはよくありません。健康的な食生活を送って、ニキビのない肌を目指しましょう。

どうぞ応援お願いします
人気blogランキングへ

香りでバランスを整える
香りは脳に直接働きかけるので、ストレス解消にとても効果的!ストレスからホルモンバランスを崩してしまうのは体の反応として起こってしまうので、香りで脳をリラックスさせてあげるといいんですね。
心地よい香りをかぐことによって、視床下部をりラックスさせます。

女性ホルモンのバランス改善ゼラニウム・クラリセージ・イランイランの3つの香りです。

応援お願いします
人気blogランキングへ
食生活で女性ホルモンを整える
ホルモンは体内にある細胞でしか作られないため、食事からはほとんど補給できません。しかし、体内で女性ホルモンと似たはたらきをする植物エストロゲンと呼ばれる成分を含む食材もあるので、体調に合わせてうまく利用するのもよいと思います。
栄養バランスを加味した女性ホルモンに良いお勧めの食事について紹介します。よく知られていることですが、
豆乳や納豆、きなこなどの大豆食品。納豆には大豆イソフラボンが豊富。これがエストロゲンとよく似た作用を持っています。 納豆菌には、イソフラボンの表面についている糖を取り除く働きがあるので、その吸収がいっそう良くなるのです。

応援お願いします
人気blogランキングへ
ホルモンのバランスが崩れる、または男性ホルモンの分泌が多い人にもにきびはできます。
卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌がへり、男性ホルモンがふえている状態で生理前や生理中にニキビがひどくなるという人は、ホルモンバランスの変化により男性ホルモンが優位になっている場合が多いです。男性ホルモンは、皮膚の角質層を厚くしたり、皮脂を多く分泌し、大人のニキビの直接的な原因をつくることがあります。ホルモンバランスの調整というのは、なかなかすぐにできるものではありません。もともとの体質である場合もありますし、長年の体質改善が必要な場合もあります。 女性にも男性ホルモンがありますが、この男性ホルモンは皮脂腺を刺激して皮脂をたくさん分泌させる作用があります。
ストレスは男性ホルモンの生成を助長しますから、ストレスを溜めないように、気分転換をする、薬を使うのに抵抗があれば、ホルモンバランスを調整する作用のある漢方薬やサプリメントを使うのもよいと思います。

応援お願いします
人気blogランキングへ
にきびにはストレスをためないということがありましたが
ストレス解消のためといって暴飲暴食などしていては余計ににきびやお肌にわるいですね。おすすめなストレス解消法を紹介します。

音楽を聴く
音楽から十分な癒し効果を得るためには、音楽の選び方や使い方が重要。とにかくリラックスしたいということであれば、アルファ波に導くものがおすすめですし、一般に販売されている音楽療法用CDもこのタイプが圧倒的です。
身近な音楽で、優れた癒し効果を得られるものにはモーツァルトがおすすめです。モーツァルト音楽のすごいところは、脳がさえた状態でリラクゼーションに導くことができること。勉強や仕事の能率が悪くて悩んでいる人は、聴いてみてもいいかもしれません。

運動をする
適度な運動は自律神経の働きを調整し、ストレスを緩和します。ストレッチで体を軽くほぐすだけで体の中のストレス抜きに効果ありです。

アロマでリラックス
香りは“古い脳”に直接作用し、ストレスを緩和する力があります。 自分の好きな香りを
選んでください。アロマポットがなくてもティッシュにたらして胸元にしのばせておいたり、お皿にたらしてデスクに置いておくだけでも十分効果があります。

入浴でリラックス
38℃から40℃くらいの温めのお湯にゆったり浸かると、心身がリラックスします。半身浴で20分くらいつかると汗もでてきて新陳代謝もよくなります。また入浴剤などいれて香りも一緒に楽しんでもいいですね。



にきびはストレスが大きく関係してくるといわれています。ニキビの直接的な原因は皮脂の過剰な分泌と毛穴のつまり。にきびにはホルモンバランスをくるわせて、皮脂分泌量が増加させてしまうことがよくありません。そのホルモンバランスですが、ストレスによってもくるうことがあります。ストレスがかかると緊張状態になる為に、血流が滞り血の巡りが悪くなります。血流が悪くなると、血流活性効果のあるジヒドロテストステロンという強力な男性ホルモンを多く分泌させますこのジヒドロテストステロンが肌荒れやニキビの原因になるのです。このような理由から「ストレスがかかるとホルモンバランスが崩れる。」と言われています。

ストレス社会といわれる現代社会、ストレスを完全に解消することはなかなかできませんが、運動や音楽をきくなど緊張をほぐすことでストレスを上手にコントロールすることを心がけましょう。

にきびにとって睡眠不足は大敵です。
慢性的な睡眠不足によって自律神経が乱れ、皮脂分泌が増加します。睡眠が足りなくなり、生活のリズムが崩れると、自律神経やホルモンのバランスが悪くなり、毛穴に皮脂や角質がたまりやすくなります。
また免疫力も落ちてくるため、ニキビ菌が繁殖しやすい状態となります。生活のリズムが崩れるとホルモンバランスなども崩れてしまいますのでニキビが出来やすくなる原因になります。
調査結果によると、にきびのある人は睡眠時間7時間以下の人が多いそうです。

睡眠は夜眠っている間に、身体全体が昼間の疲れを回復するよう働きます。
睡眠不足になると、昼間の疲れが取れなくなります。
肌にいたっては、冷房、暖房、紫外線やほこりなどで痛めつけられたお肌が、
睡眠不足によって回復できにくくなってしまいます。
そのために肌ががさがさになったり、シワシワになったり、
シミやニキビがよりできやすい状態となってしまいます。
肌の新陳代謝を促す成長ホルモン(老化防止にも重要!!)の分泌が高まり、新しい皮膚が作られる時間は夜11時〜2時ごろ。この時間に眠るのが理想的ですが、無理ならば睡眠時間を確保するだけでも効果的です。

 便秘になると有害物質が腸に溜まってしまい、肌荒れやニキビ(にきび)の原因となります、またストレスにもつながりますので、便秘は必ず解消しましょう。
腸内には善玉菌と悪玉菌と呼ばれる細菌があります。善玉菌は腸内に良い働きをしてくれて、悪玉菌は腸内に悪い働きをしています。
便秘になると、「悪玉菌」が増え「善玉菌」が減ってしまい、腸内のバランスが崩れてしまいます。
そして「悪玉菌」が毒素(有害物質)を発生させます。この毒素を便から排出できれば良いのですが、便秘になると、本来便として排出されるべき有害物質が体内に残ってしまいます。それらは肝臓に運ばれ解毒されますが、残ったものがまた腸にもどされ、便として排出されます。しかし、便秘のために排出されない場合に、その一部が血液を通って皮膚から排出されます。その際に皮脂腺や毛穴で毒素がつまったり炎症を起こしてニキビの原因となってしまうわけです。簡単に説明しますと、便秘が続くと、体に毒素が蓄積され、それが肌を通ってニキビとなって出てきてしまうということです。

便秘を解消しよう
水分補給をしましょう。水分を取る事で、お腹に刺激を与え排便を促します。お茶などでも良いのですが、朝一番で冷水をコップ1杯飲むと効果があります。
また便秘を解消するには食物繊維をとりましょう。食物繊維は水分を吸収して便を柔らかくし、便の量を増やしてくれます。スムーズに排便するには、食物繊維の多い野菜や果物、海藻類をたっぷりとることが大切です。